上京して看護師として
働きたい方を応援するサイト
 

条件の良い職場を探すためにやっておきたいこと

看護師として新しい職場を探すために注意する点として行き当たりばったりで職場を探すのではなく、情報収集して考えながら自分合った良い条件の病院を探さなければ 本当に自分が満足出来る職場を探すことは難しいのが現状です。

覚えておきたい点はいくつかありますが、まずはその地域の給料の相場を把握する事です。
もし越境や上京する場合、現在住んでいる地域とは、物価が異なる場合があります。 特に地方から上京する場合には、家賃や物価の相場は変わってきますので給料提示金額が高いと思って、 喜んで就職した後に実際に生活すると思ったより家賃も生活費用も高くて生活が窮屈になっても困ります。一度就職してしまうと、後戻り出来ませんので地域の給料の相場というのは押さえておくべきポイントですね。

次に、上京先・新しくお住まいになる地域の就職案件は複数チェックすることです。
看護師以外の他の医療案件の求人も観察すると相場やその他、見えてくる事があります。 また就職を希望する科の基礎知識は勉強しておきましょう。

就職するにあたり自分が働きたい・働こうと思っている科が決定していればその科に関する基礎情報を覚えておくことによって面接対応も良くなります。 中には小論文や作文形式で作文を当日の面接前に書いてもらう職場もあります。特に看護教育に力を入れている病院や施設では作文は少なくありません。
やはり自分が就職希望する科の基礎情報は最低限のレベルで良いので勉強しておく事です。もし希望する科がない場合には、現在の医療情勢などを少し予習しておくことで面接時に何か聞かれた時に即座に対処出来ます。 たかが数十分の面接ですが、就職する予定の病棟看護師長や看護部長が面接官の場合が多いので大きなポイントになります。

そして何より職場探しが肝心です。
求職 なるべく条件の良い職場を自分で探す場合にはいきあたりばったりではなく情報を集めながら考えて求人を探すことが必要です。 もし就職したい職場の地域に知り合いの看護師・同業者がいる場合はその地域の話しを聞ことによって情報収集が出来ますが、実際にはそういう方は少ないと思います。

そこで看護師転職サポートに斡旋を依頼することによって専任の転職コンサルタント(キャリアコンサルタント)が働きたい条件・希望を聞いてくれて条件にマッチしそうな求人案件をピックアップしてくれます。
情報収集するためにはプロのサービスを利用しながら就職先を探す方が増えています。特に就職活動は情報収集が肝心ですので、しっかりと情報を集めて良い職場をピックアップしていきましょう。

 

ホームへ