上京して看護師として
働きたい方を応援するサイト
 

現場経験の少ない方が上京して職場を探す時のポイント

臨床経験・勤務経験の少ない看護師、これまで現場経験が乏しい、看護技術や実践看護能力が低い方は再就職するため、新しい職場を探す際に少し弱気になったりするものです。

今現在の看護技術・スキルや知識・経験ではたして他の病院や施設に就職する事になったら迷惑をかけずにやっていけるのであろうか?また厳しい職場だったらどうしよう。 など実は現場経験がないまま経験年数が多くなればなるほど反比例して不安を覚えるものです。

赤ちゃん

女性では結婚や出産を機に辞めてブランク期間が存在する場合もありますし違う職種に転職したけど、もう一度看護師を始めようという場合もあります。
またずっと働いているけど現場経験が少なく自信がないという看護師も実は多いです。看護学校を卒業して、総合病院や大学病院に勤務した場合、最初の2年くらいは、 卒後教育の一貫で新人ナースに看護技術を身につけさせようと採血ルーム勤務から始まって、基礎看護技術が身につく一般外科などの科に配属されますが、 卒後教育がしっかりしている職場ではなかった場合は基礎的な看護技術を習得する機会は少なくなってしまうのが現状です。 特にオペ室や精神科・透析などの特殊な科・個人外来やまた老健や訪問看護など、一般的な臨床看護の経験が少ない方は新しい就職先に決めるのは躊躇するでしょうし、ちょっと勇気がいる事かもしれませんね。

ただ、引越しする・上京すると決まったら否が応でも新しい職場を探さなければ行けません。
その時にどうやって自分の希望に合った職場を探そうか?
また自分の現在のスキルや経験をうまく伝えて、
就職先に理解してもらうか?という所が意外と大事になってきます。

実際に面接する際には先に伝えておく事が重要になってきます。 何も伝えないで即戦力扱いをされて入職しても実際に働いた時が大変です。そして履歴書や職務経歴書に経験などを掲載する事はもちろんですが 円滑に物事を進めるためには、就職時には転職サポートを利用することをお勧め致します。

看護師の転職サポートではキャリアコンサルタントが 面接交渉する際に、自分で言いにくい事を代わりに伝えてくれるのです。なかなか自分でマイナス要素は言い難いと思います。 交渉のプロに任せれば、現場経験は少ないが、勉強する意欲はありますなどと有利な状況を作ろうとサポートしてくれるので特に自分一人で就職に自信が持てない、交渉が苦手だが就職先を探している方にはお勧めです。

 

ホームへ